臨床美術
このエントリーをはてなブックマークに追加

臨床美術とは?

臨床美術(クリニカルアート)とは,
絵やオブジェなどの作品を楽しみながらつくることによって
脳を活性化させ,認知症の症状を改善するために開発されました。
臨床美術は,彫刻家・金子健二が中心になって開発したプログラムです。


作品をつくる際は,独自のアートプログラムに沿って,
単に「見る」だけでなく,触ったり,匂いを嗅いだり,
味わったり,音楽を聴いたりしながら手を動かすことで,
全身の感覚を刺激します。


作品づくりに,上手い下手は関係ありません。
「臨床美術士」とのコミュニケーションの中で,
「共感を得る」ことの喜びを感じながら,
楽しく描いたり,制作したりする事を味わってみてください。


<五感への刺激>と<リラックスできるコミュニケーション>
によって,「脳」が活性化。感性の目覚めや回復,
心が解放されることはもちろん,
生きる意欲や潜在能力を引き出すことにも
効果があると言われています。







セッション事例





保育園・幼稚園・学校・支援学級親子活動・進学塾など

子ども
の感性を磨く,想像力を高め,
コミュニケーション力も高めます。脳の
前頭前野の活性化,自信をつける事でやる気,生きる力を育てていきます。


地方自治体,高齢者施設,
高齢者の認知症予防

認知症患者のリハビリ,
飾ってみたくなる作品の出来栄えに笑顔も出て,コミュニケーションの幅も広がります。


社会人のためのストレスケア企業・新人職員研修などにも活用されています。







ワークショップに参加してみて下さい。

絵が苦手,長い間描いた事がない。
または絵は好きなんだけれど忙しくて描く事がほとんどない方
ぜひワークショップに参加してみてください。
きっと新鮮な発見があると思います。
島根県のワークショップのお知らせは,
このHPのトップページに随時公開していきます。
申し込みは,連絡先に書いてあるメールアドレスに連絡を下さい。
折り返し連絡させて頂きます。



※「臨床美術」及び「臨床美術士」は,日本における(株)芸術造形研究所の登録商標です





芸術造形研究所 関連書籍などの通信販売をしています。